NEWS

マクラーレン大阪マクラーレン名古屋
2022.11.21

McLAREN Senna、公道走行可能なプロダクションカーの コースレコードをまたも更新

McL_Senna

McLaren Sennaが、ブラジルのサンパウロにあるインテルラゴス・サーキットで、公道走行可能なプロダクションカーの新コースレコードを樹立しました。ドライバーはリカルド・マウリシオで、2.677マイルのコースを1:37.856で走破。このタイムは、ブラジルのマクラーレンインポート代理店が主催したイベント「UKモーターズ・アカデミー・ポルト・セグーロス」で記録されました。

McLaren Sennaは、最初のトライで新記録を打ち立てました。マウリシオは、ピットを出ると1周でマシンの限界を見極め、次のラップで1:41.422を記録。これは、従来の最速タイムを1.6秒短縮しています。その後も、ピットストップを挟みながら計測を6回行い、そのたびにタイムを縮めていき、ついに1:37.856をたたき出したのです。ピットアウトおよびピットインするラップを含め、合計25周を走行しました。

「衝撃的でした! エキサイティングなドライビングができると聞いてはいましたが、そのとおりだとコース上で証明されました。とてもパワフルで、トルクと加速も非常に強力です」
リカルド・マウリシオ(プロドライバー)

「UK MOTORS・アカデミー・ポルト・セグーロス」で公式タイムの計測を行ったのは、タイムキーパーとしてブラジル屈指の経験と評価を誇るレーシング・クロノのチームです。同社はこれまでも、無改造のロードカーによるインテルラゴスでの最速記録を計測してきました。

McLaren Sennaは昨年までに、アメリカの複数のサーキットで、プロダクションカーの最速タイムを更新してきました。様々な自動車雑誌のドライバーが、次のような記録を残しています。

・『オートモービル』誌の「プロ・レーサーズ・テイク」で、NCMモータースポーツ・パークのグランドコースにおいて、アンディー・ピルグリムが2:02.86を記録。
・『ロード&トラック』誌の「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー(PCOY)2019」で、2マイルのNCMウェスト・サーキットにおいて、1:23.24を記録。これは、同コースにおけるPCOYの史上最速タイム。
・『カー・アンド・ドライバー』誌の「ライトニング・ラップ2019」で、バージニア・インターナショナル・レースウェイの4.1マイルのグランドコースにおいて、2:34.9を記録。それまで過去13年間、263台で争った同企画史上最速のタイムで、非公式のコースレコードに。
・『モーター・トレンド』誌は、「ベスト・ドライバーズ・カー2019」の1台にSennaを選出。ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカにおいて、プロダクションカーとして初めて1分28秒を切り、1:27.62を記録。

McLaren Sennaは、オリジナルバージョンの生産が限定500台のみで、マクラーレン・オートモーティブがこれまでに生産した中でも、公道走行可能な究極のモデルです。4リッターのV8ツインターボエンジンが最高出力800PS(789bhp)、最大トルク800Nm(590lb ft)を発生。パフォーマンスもレーシングカー並みで、0-100km/h加速は2.8秒、0-200km/h加速は6.8秒、0-300km/h加速は18.8秒、最高速は335km/h(208mph)に達します。前後のアクティブ・エアロダイナミクスによって、最大で800kg(1,763.7lb)のダウンフォースを発生。また、先進的なレースアクティブ・シャシー・コントロールII(RCC II)サスペンションも装備します。

インテルラゴスでマウリシオがドライブしたSennaは、UK MOTORSがブラジルに公式に輸入した4台のうちの1台で、完全にオリジナルのコンディションです。

 

【お問い合わせ】

マクラーレン大阪 TEL:06-6121-8821

マクラーレン名古屋 TEL:052-528-5855

×
×
×
×