NEWS

マクラーレン大阪マクラーレン名古屋
2021.5.18

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズが伝説のガルフ・リバリーを720Sで再現

ラグジュアリー・スーパーカーメーカーであるマクラーレン・オートモーティブの社内ビスポーク部門、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が、ガルフ・オイルのアイコニックなレーシングカラーに輝くビスポークのMcLaren 720Sを公開しました。

マクラーレンとガルフは、オフィシャル戦略的パートナーシップの再開を昨年夏に発表しました。このプロジェクトはその一環であり、マクラーレン・スーパーカーのパーソナライゼーションの可能性を示すものです。

マクラーレンとガルフが最初にパートナーとなったのは、1968~1973年のFormula 1とCan-Amシリーズでした。その関係は1990年代によみがえり、GTCコンペティション・チームのMcLaren F1 GTRは、1996年BPRグローバル耐久選手権を制したほか、1997年のル・マン24時間レースでGT1クラス優勝を果たすなど、伝説的な活躍を見せました。

2020年のパートナーシップ復活を受けて、今年からガルフがマクラーレン・オートモーティブの推奨潤滑油サプライヤーとなり、高性能エンジンに最適化したガルフのオイルと燃料が全車両に搭載されます。

MSOによるハンドペイントで、所有するマクラーレンのスーパーカーにガルフ・リバリーを施すチャンスは、限られた数のカスタマーだけに提供されます。公開された720Sは、MSOとガルフによる共同プロジェクトの集大成です。完璧な色に配合したペイントをメタリック塗装とソリッド塗装で施し、両ブランドのユニークなアイデンティティーを表現しています。

マクラーレン・オートモーティブの塗装テクノロジー・パートナーであるアクゾノーベルには、あらゆるカラーの高品質な塗料が取り揃えられており、そのカラーパレットから完璧な仕上がりを生み出すため、複数のバージョンが試作されました。最終バージョンだけでも、完成までにはMSOの職人たちの手で20日を要しました。

アイコニックなブルーとオレンジのレーシングカラーに加えて、ブレーキ・キャリパーもガルフのソリッド・オレンジです。また、この720Sのビスポーク・インテリアには、同色のブルーとオレンジのステッチが施され、ヘッドレストには刺繍で、ドアシルにはペイントで、ガルフのロゴがあしらわれています。

名高いマクラーレンのステアリング・ホイールは、エクステリアに合わせたガルフのソリッド・オレンジとソリッド・ダークブルーのストライプをセンターバンドとし、スポークはビジュアル・カーボンファイバーです。

×
×